登録有形文化財

吉野酒造は2008年4月18日に国の登録有形文化財として登録されました。

大きな切妻屋根が連なる酒蔵2棟をはじめ、店舗と住居を兼ねた主屋、南蔵、北土蔵、 旧馬屋石塀や門1基のほか、醸造の神様をお祀りしている松尾神社、高さ16メートルの煉瓦造りの煙突など敷地内の建物のほとんどが有形文化財として登録されています。
千葉県ホームページにてご紹介頂いております。)

  • 登録有形文化財01 店舗と事務所を兼ねた母屋

  • 登録有形文化財02 なまこ壁

  • 登録有形文化財03 松尾神社内の木造の社

  • 登録有形文化財04 16mのレンガ造りの煙突